Baobab

場面緘黙の子育てと、仕事のこと、日々のこと

場面緘黙症の子を人と合わせることについて

専門医ではないけど、かかりつけの小児科でこころの相談をやっていて
これまでの経緯を話すと
場面緘黙症」ではないかということで、学校へも相談したりしていました。

そんな息子は学校ではもちろん話せず、不安になる場面もあるが、
話さないなりに楽しんでいる様子もあるとのこと。

そんな私たち親子は春休みに、親同士が友人のグループで、それぞれ子連れで遊具のある公園でお花見をしました。 その友人、友人のこたちとは半年~1年に一度くらいのペースで赤ちゃんのころから会ってました。

まあ、こどもの1年てすごく長いから、初対面みたいになっちゃうのもわかるんですが、
以前は恥ずかしながらも打ち解けて遊んだりしてたんですよね。
それが、小学校に入って場面緘黙症の症状がより顕著に現れるようになってから初めて合ったお花見では
それはもう
緘黙症そのものでした。

話しかけられても話さない、目も合わせない、そっぽむく
お花見だったのでシートにうつぶせになったり
公園のおおきな石に体をつけて動かなくなったり・・

4年生の子が、息子とあそぼうといろいろ話しかけてくれたのですが、
話さないもんで
「どうして話さないの?」
「〇〇っていってみて」
とか言われました。。

その子は純粋に疑問に思ったことを言っただけだと思います。

その日一日困り果てていた私は、その4年生の子に息子が聞いてないところで
「どうしたら恥ずかしくなくなるかな」なんて聞いてしまいました。
すると
「3年生とか4年生になったら大丈夫だよ!」なんて言ってくれましたが・・。

私「学校にも似たような子っている?」
小4「うーん、一人いるよ!〇〇くん!」
小4「○○(息子)よりももっと恥ずかしがりや、いや〇〇(息子)のほうが恥ずかしがりやかも」

私「なんか話したりするの?」
小4「何歳?とか名前は?とか聞いたりするけど答えない」
私「・・・」
小4の母「あははー、もうすぐ5年なんだからその質問はないでしょー」
小4の母「でも、いまでもまだしゃべらないんだねー」(不思議そう)

てな感じの会話をしました。

親子とも単純に思ったことを会話しただけだと思うんですけど、
息子がこれから学校でそんな風に話しかけられたりすると
余計話せなくなっちゃうんじゃないかなぁと思います。

今回、その小4の子は息子と遊びたがっていてほかの予定でなくこっちに来てくれたわけなのですが、
息子がうまく遊べなかったことに私はすごく申し訳なくて、
小4の子も「あーあっちいけばよかったー!」ーなんて(悪気もなく)いうもんで
へこみました。

今回、いつもの感じで当然のように息子を連れてきましたが、
もしかして1日息子はすごい緊張と不安の中でどうしたらいいかわからず混乱したり
嫌な気持ちになっていたのではないかな・・・

それは、途中でジュースを買うときに選べなくて、
要らないと言って買わないと
あとからやっぱり飲みたいとかいったり
そんな感じでその混乱が表れちゃってたのかな・・
その時はただイライラするだけでしたが。

場面緘黙症は場数をふんで経験値をあげていくと
少しずつ慣れてきてできるようになってくる

と本には書いてあったのですが、
今回のように
イレギュラーな顔合わせは経験値というより
ただただ不安・緊張・混乱を与えて終わりだった

だけではないかと思え
反省しました。

ただ場数をふませるのでなく、
学校生活、日常生活などいつもやるようなことは嫌と言わない限り積極的に参加させ、
息子にとってハードルが高そうだな、
ただ疲れさせて終わってしまいそうだなというときは
あえて参加させなくてもいいのでは
と思いました。

今回は場面緘黙症の母として、私の経験値があがったということで
いい機会だったということにしようと思います。