Baobab

Baobab -場面緘黙・ASDの子育て-

場面緘黙・自閉症スペクトラムの子育てのこと、仕事のこと、日々のこと

小学校の秋祭り、昨年はパニックで大変だったけど・・

息子の通う小学校には秋祭りというイベントがあります。

昨年1年生の時、初めての秋祭りは大変なものでした・・。

 

秋祭りで行動する人をあらかじめアンケートがあり、

①友人(〇年〇組 〇〇さん)

②保護者

③友人の保護者(〇年〇組 〇〇さんの母など)

この3択から事前にお知らせして当日行くことになっています。

 

昨年も今年も、当然②の母を選び行ってきました。

 

昨年、初めての秋祭り。

息子の小学校はマンモス校で、多くの人が縦横無尽に行き交い、

ざわざわ、わいわい、どこになにがあるのか、何をしたいのか、

息子、パニックになりました。

 

とりあえず静かな場所で座って過ごそうと思ったのですが、

「工作をしたい!」

「チョコバナナを買いに行きたい!」と

お店やイベントに行きたい気持ちはあるようで、

人ごみの中手をつなぎ工作の教室に行きました。

 

教室の中に入ろうとすると、強く手を引かれ、

息子(気持ち):『不安だから入りたくない!』

と言わんばかりに入るのを拒絶しました。

母:「やらなくていいのね、じゃあ戻ろう」

せっかく来たのにまたこれか、とあきらめて戻ろうとするとまた手を引かれ

息子(気持ち):『やっぱりやりたい!』

といわんばかりに帰るのを拒絶しました。

 

これを数回繰り返し、こちらもイライラ。

何とか教室に入り、席を確保して工作の材料を用意しました。

でも、

息子(気持ち):『嫌だ』と席を立ちます。

 

待ってる人もいるので仕方なく、弟に作ってもらい教室を出ました。

 

落ち着いた場所に戻ると、

息子:「工作やりたかった!」と半泣き。。

 

その後、チョコバナナでも同じようなことを繰り返し、

結局買いに行った時には売り切れでした。

 

こんな感じで昨年はどっと疲れて帰ってきたわけですが・・。

今年は、前日の夜に

息子:「あれとこれとこれにいきたい、ここは100円、こっちは50円。あぁー楽しみ!!」

と、とても楽しみにしてる様子でした。

母:「秋祭り、不安なことはない?」

と聞くと

息子:「2回目だから大丈夫!」

とのこと。

 

まあ、今年も母が付き添いますから、大きな不安はないでしょう。

でもいつまで母が付き添うんだろう?

さすがに高学年では恥ずかしいとか気持ちも芽生えるか・・

それもこれも、息子に少しずつ話して気持ちの準備もさせようとおもいます。

 

そして、2回目の秋祭りは、息子の計画通りのルートで回り、

取り乱すこともなく、無事に参加できました。

自分で考えた計画ですが、工作やゲームなどハードルが高い系は自らスルーしたのか、

無理のない買い物と、鑑賞系でした。

きっと自分なりにできること、ちょっときびしいこと、無理なこと

わかってきてるのかもしれません。