「育てにくい子」を育てるブログ

小学一年の息子、実はとても手がかかる子だった。

もしかして、、発達障害じゃないのかな?

小学校1年の長男、赤ちゃんの頃は人見知り場所見知りが激しく、その後も今に至るまで大人しい、恥ずかしがり屋、消極的、慎重派、、そんな言葉がよく当てはまるタイプ。

そういう性格だと思ってた。

 

つい最近までは・・・

 

今思えば「あれ?」と思うべきエピソードはいくつかあったはずだけど、

決定的に「あれ?うちのこやっぱりほかの子と何かがちがうぞ。」と思ったきっかけは、

昔のお友達と再会したとき。

 

息子が2、3歳の頃よく遊んでた子。

そのころ、同じように大人しくて、恥ずかしがり屋であまりママ以外とは話さない子2人と息子とでよく遊んでたんですが(主にママ同士がおしゃべり)、そのうちの一人で、幼稚園も小学校も違ってしまった子に久しぶりに会った。

小学校1年になったそのお友達は、たくさんしゃっべって元気で、息子にもグイグイ来るように変わってた。

でもうちの子は、まったくしゃべらず・・・。

むしろ2、3歳の頃より友達との関係はうまく築けてない様子。

 

思い出すと、そのもう一人の友達は同じ幼稚園で、年長のころには元気に友達と遊んでたっけ。

 

そしてまたまた思い出してみると、幼稚園同じクラスだった大人しい子、なんなら息子よりも大人しい子、が、先日行った小学校の公開日で見たら、すごく活き活きと元気に遊んでた。。

 

・・・横を見ると、息子、まったく友達と話しすらできず。

 

「息子は、彼らと何がちがうの!?」

 

小学校に入ってから、なんか育てにくいなと感じてたことなど、ぱっと3つ浮かんだのでとりあえずエクセルにまとめてみた。

 

書き出すと、出るわ出るわ

A4用紙3枚びっちりと。

育てにくい、困った、

なんかほかの子と違うぞっていうエピソードが・・・

 

よくわからないけど、

うちの子、発達障害じゃないのかな??って。

育てにくいって、周りも本人も(?)困ってるって

それを「障害」っていうんじゃないのかな。