Baobab

場面緘黙の子育てと、仕事のこと、日々のこと

クラスメイトへの伝え方ー場面緘黙症ー

場面緘黙症をクラスメイトにどう伝えるか?

 

そもそも伝えるべきか?

 

伝えていなかった現状 

長男は小学校入学を機に場面緘黙症になり、先生方とは面談等しつつも

クラスメイトには特に伝えていませんでした。

 

場面緘黙症は話さないため、他害があるわけでなく

クラスメイトはすごい大人しい子だなと認識しつつも、

特に大きな迷惑をかけることもなくここまで来たって感じです。

 

伝えなかったらトラブルがおきた

 

自閉症スペクトラムもある息子は、家では文章をかいたりマンガを描いたりするのが好きで、いつものように集中して同じような絵や字を書いてました。

よく見ると、

「〇〇くんが(息子)をいじめる様子」

という題の四コマ漫画で、

いじめている内容、といっても「スープを残すな」「もっと食べろ」と言っているようで、4コマ目に

「先生や周りに聞こえないように静かな声で」

と書かれて終わっていました。

 

そのほかにも文章で

特定の一人に何か嫌なことを言われている内容のものをたくさん書いてました。

 

その相手の子は、スイミングスクールが一緒で、以前息子に

「(息子)くん」

「(息子)くーん!」

と話しかけてくれましたが、

息子はいつものように話せず、というか反対側を向いてしまい

まるで無視をしてるようでした。

 

息子には、

「話しかけられたら話さなくていいから、手をあげたりしよう」

「反対側を向いたら無視されたと思っちゃうよね。

 それはいやな気持になっちゃうよね。」などいって理解して

「わかった、手上げるのはできる」

という話は良くしてるのですが、実際にはできてなくて無視してると思われてるのかもしれません。 

 

クラスメイトへの理解:絵本「なっちゃんの声」を読む

 

これはまずいと思い、

すぐになっちゃんの声」という絵本を購入しました。

こちらの本は、低学年向けの絵本になっていて

場面緘黙症がこどもでもわかりやすくなっている内容です。

この本をクラスメイトに読みに行ったお母さん、担任の先生に読んでもらったという話を聞いていたので、以前から気になっていました。

自分も、読みに行くことになるかもと思いながらなんとなく過ごしてしまった結果、

息子は友達に誤解され、ちょっとしたトラブルになってしまいました。

 

早速、担任の先生に電話で状況を話し、

先生も空き時間に絵本を読んでくださるということでした。

翌日絵本を持たせるつもりでしたが・・・

 

息子にしっかりと確認すると、

「恥ずかしいからいやだ」とのこと。

先生に電話する前に、意向を確認したら

・ママが読みにくるのは恥ずかしい(読み聞かせの会という定期イベント時)

・自分のことだとわからないように絵本を読むだけならいい

とのことだったのですが、

最終確認すると

「恥ずかしいからいやだ」

 

病院の先生や、支援の先生になにかを相談した時に

「本人がやりたいなら  ・・したほうがいい」

「本人がいやなら  ・・むりにやらなくていい」

と言われることも多く、本人の気持ちが一番大事ということは私も感じてました。

 

だから、今回はやめようと思う反面、

 

  • なっちゃんの声を読むのは低学年が効果的(こどももすんなり受け入れてくれる)
  • 先生に電話もして、読んでくれることになったチャンスなのに!
  • 読むなら今しかない!
  • 子どものきもちは優先だけど、こういう環境を作ることは親として大事じゃないか! 親ができることってこんなことしかないんじゃないか? ここは気持ち云々よりも、環境を整えるべきじゃないか!

 

という気持ちにかられ

クールダウンした後にゆっくり息子と話あいました。

 

が、

「やっぱりはずかしいからやだ」と。

 

対応をまとめ先生にお願いをする

 

結局、先生には場面緘黙症について書かれたリーフレットと、まとめたお手紙を渡し

無視していると誤解されそうなときや、レスポンスがなくお友達が困ってるときなど

要所要所で、相手の子に伝えてもらうことにしました。

先生はお忙しいと思うので、何かあった時に相手の子につたえてもらう項目を

4つにしました。

 

先生に伝えたこと

 

  • 無視しているわけではない
  • 話したくても話せない
  • 話しかけられると嬉しい
  • 「あ」っていってと言われたくない

 

この4つにしました。

 

 せっかくの機会ですが、絵本を読んでもらうことは今回見送りました。

でも、うちの子のように恥ずかしがる子には

  • 読んでいる間保健室に行く、
  • 読む時間を下校時間になるべく近づける(読んだ後のきまずさは短い方がいい)、
  • 帰りの用意のざわざわした時間に保健室から戻る、

な方法はいろいろあると思います。

 

  私の一番の目的は

無視してると誤解されてはいけないということだったので、

その点を先生にお願いすることにしました。

 

お子さんによっては、絵本をよむだけだからそれでまわりがわかってくれるならって

思う子もきっといるでしょう。

もしくは1年生になりたてとか、そこまで気にしないかなっても思います。

そういった子にはぜひ活用してほしい本だと思います。

 

場面緘黙児、再びピアノの発表会に出る(準備編)

場面緘黙で最近自閉症スペクトラムとも診断された小学2年の息子。

通っているピアノ教室で、発表会に弾く曲を持って帰ってきました。

そろそろかと思って、学校の支援級の先生や病院の先生にもちょっと話をきいたところでした。

前回の発表会は、ほんとにヒヤヒヤものでした。

半年前の発表会の様子くわしくは↓

前回、なんとか弾ききって、結果的に良かったかな!と思ったのですが、

次はどうかなっていう不安はつねにあります。

 

ステージ上で一人になった時に

その不安がさらにトラウマのようになってしまうのではないか、

不安になることがわかっているなら、あえて出さなくてもいいんじゃないか・・

 

前回もそうだったように、今回も息子に聞きました。

「発表会どうする?全員でなくちゃいけないものではないし、

不安だったら出なくても全然いいんだよ。」

 

もうすでに教室で曲まで選んできた息子は、

「出たい」と。

 

しかも息子が何曲かの中から息子の好きそう~な曲を選んできました。

 

出たい気持ちはわかる。

でも家にいて、発表会の様子を想像するのは難しいだろうな、と思い

前回の発表会で撮ったビデオを見せました。

弾きだせない様子、緊張してものすごーく小さい音で、

間違えつつも何とか弾ききった様子を見せました。

 

本人も恥ずかしそう。

 

それでもう一回聞きました。

「発表会でなくてもいいんだよ。お家でとても上手に弾けるし。どうする?」

 

すると

「出たい」と。

 

場面緘黙の子は、注目されるのを嫌がりますが、

どこか「自分はこんなことできる」とみてもらいたい気持ちもあるように思います。

真逆なことですが、

注目されたいけど注目しないで。みたいな。

 

病院の先生に、少し聞いてみたのですが、

「本人が出たい意思があるなら出たほうがいいです。それでもしできなかったらフォローをしてあげて。」みたいな感じで言ってたと思います。

「出来なかった場合のことも考えて準備して」だったかな。

 

支援の先生も、もし出るなら、

事前リハーサルをしっかりするといいことと、

連弾だと安心かもしれないと アドバイスをいただきました。

 

今回も、本人の意思を尊重し

発表会に出る方向になっています。

 

とりあえず、ピアノの先生にリハーサルの件をお願いしているところです。

当日準備の時に少しだけでもステージを歩いて、

この辺で礼をして、

座って弾くんだよ、みたいな。

 

まだ、発表会は少し先ですが、

状況はまたこちらで報告したいと思います。