Baobab

Baobab -場面緘黙・自閉症スペクトラムの子育て-

スモールステップの日々のこと

場面緘黙の生活発表会(授業参観)

2年3学期の授業参観。

 

私はいつもと違ってワクワクしていました。 

 

というのも、参観日に何かを発表することは知っていたのですが、

息子は全然平気だよという感じだったのです。

 

前日にも、「ママだけじゃなくパパも見に来て」なんて

余裕な様子で言っていました。

 

支援級にお試しで通うことができ、

担任の先生も理解をしてくださって、

なんらかの配慮をしてくださっているのかなと推測できました。

 

 

発表形式の授業参観。

1年1学期から毎回参加してますが、

参観日で椅子を移動しての発表形式は3〜4回くらいありました。

 

今回は、椅子を全部保護者側の後ろにして

まさに「発表会」という感じでした。

 

内容はというと・・・

 

算数、国語、英語、体育、音楽の班に分かれて、

それぞれがんばったことを発表しました。

 

算数グループは一人ひとり掛け算を早口で言ったり、問題形式で一人ずつ答えて行ったりするもの。

 

国語グループは、教科書のお話で劇をするもの。

 

英語グループは、一人ひとりアルファベットの文字を出して英語を発音したり

歌ったり踊ったりするもの。

 

体育グループは、なわとびや馬跳びなど体を動かすもの。

 

そして、息子がいた音楽グループは楽器を奏でるもの。

 

この5つの中で場面緘黙症の子が参加できそうなものは体育と音楽の発表です。

一人ひとり声を出さねばならない国・算・英は話せなかったらかなり目立ってしまいます。

息子の場合は緘動も出るため、体を動かす体育も厳しいです。

そもそも全身運動も苦手なので、縄跳びもスムーズに飛べません。

 

息子の音楽のグループ発表はというと、

初めに一人ずつ頑張ったことをことばで発表しました。

そして、息子のセリフは、

隣の子が発表したあとに言う

「ぼくもです」

の一言でした。

 

もちろん「ぼくもです」の一言も話せないため、

同じグループで言い終わった子が息子の隣に来てくれて

一緒に「ぼくもです」と言ってくれました。

 

そのあとにピアニカを演奏したり(おそらく息は出していない)、

みんなで鈴を鳴らしたりしました。

 

そして2人組になって音の掛け合いというか、

リズムのセッションがあって、

なんと息子も二人きりでセッションする場面もありました。

 

みんなの前で女の子と向かい合う息子。

女の子がウッドストックをトントントトトンとならしました。

・・・

てことは

次は息子が鈴をシャンシャンシャシャシャンと鳴らさねばなりません。

 

体は保護者ではなく黒板の方を向いてしまっています。

手を動かすのは難しいかな・・・

と思っていたら

 

「シャンシャンシャシャシャン」

 

みんなの前で鈴を鳴らすことができたのです!!

 

頑張った息子。

恥ずかしながらも、みんなと一緒にできました。

きっと練習もうまくいっていたから

自信ができて、見に来てなんていう余裕があったのだと思います。

 

 

家に帰ったら「ぼくもです」と言えたよと満足そうでした。

たぶん言葉は出していません。

もしくは近くでも聞こえないぐらい小さな声を出したかもしれません。

でも、息子は「ぼくもです」と言えたと思っています。

心の声が実際に言ったみたいに聞こえるのでしょうか、

または小さい声だけど出せただけで大きく聞こえるのでしょうか。

 

とにかく本人は達成感を感じていて

できたという自信がついたようです。

 

 

やましたくんはしゃべらない やましたくんは場面緘黙症なのか

幼稚園から小学校外業までの9年間、

学校で一言も話さなかった著者の

自伝的エピソードが描かれた絵本があります。

 

 

先日、テレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」に出演されて話題になりました。

 

番組内では、「場面緘黙」というワードは使われておらず、

その他メディアにおいても

特に彼自身が「場面緘黙」というような伝えられ方はしていません。

 

激レアさんを連れてきたの放送内では、

しゃべらない理由を

・意地を張った結果

・頑固もの

・引っ込みがつかなくなった

という内容で進められていました。

 

でも、私は場面緘黙症ではないかと思っています。

 

その理由として

・きっかけが幼稚園の入園式

 

入園式の日に自己紹介をすることになり、

誕生日が4月という理由で一番初めになったそうです。

 

急に知らない人の中へ連れていかれ、

急に自己紹介をしてと言われ、

それもなぜか自分が一番最初。

その時に怒りがこみ上げたそうです。

 

場面緘黙が怒りを感じるかは定かではないですが、

場面緘黙は、まさにこういうきっかけで始まるのです。

 

 

腕っぷしが強かったというやましたくん。

「なんでしゃべらないの」とか

話さないことをしつこく聞かれると

だんだん無表情になって固まっていき、

それでも続くと、

喧嘩になってたそうです。

そして喧嘩が強かったそうです。

 

場面緘黙の子の多くはおとなしいので

やましたくんのように喧嘩になるとかあまりないかと思います。

この辺は若干彼自身の持ってる「性格」や「体格」などの影響が強いのかなと思います。

 

注目すべきは、

先生との交換日記に描いた小説の内容がプリントされて、クラスに配られた事件!

 

熱血な教師が担任だった時に、

やましたくんは先生と毎日交換日記をしていたそうです。

だんだん書くことがつまらなくなり、

ある時から小説を書き始めていたそうなんです。

 

その、小説の内容を、当時の担任は

やましたくんの許可もとらずにクラスに配布してしまったそうで!

 

激レアさんの番組内でも、出演者たちが

「えー」

「マジかー」

「きつー」

みたいなリアクションでした。

 

しかし!

やましたくんは

「結構うれしかった」

みたいなコメントをしており、

出演者たちはそれまたびっくりしていました。

 

実はうちの息子もそうなんですが、

見られるのは恥ずかしいけど、見て欲しい!

という一見矛盾したような欲求があります。

 

そして、 

場面緘黙は、表面的にとても「静」の状態なのですが、
心の中ではものすごいエネルギーの「動」があります。

 

 やましたくんも内側ではいろんなことを考えて

イメージ、アイディア、ストーリーを小説にして、

それを見てほしい欲求があったのではないかと

推測されます。 

 

 

とある元場面緘黙のコンビのお笑い芸人さんがいて、

そのお二人も

小学生のころ面白いネタを心の中でたくさん考えていたんじゃないかなぁ

なんて推測したりしてます。

でも、元場面緘黙ということは公開されてないようなので、

密かに応援しています。

 

息子は、自分と同じような状況だった人が

今やyoutubeとかで面白いネタをやっているのを見て

とても勇気もらっていました。