Baobab

Baobab -場面緘黙・自閉症スペクトラムの子育て-

スモールステップの日々のこと

場面緘黙の小学校における支援

場面緘黙児はおとなしくて手ががからないがゆえ、クラス担任にとっては後回しにされがちです。

 

喋らないだけで困っている様子はない。

喋らないけどテストの結果を見ると勉強は理解しているようだ。

周りの子に迷惑をかけるようなことはない。

 

1人で30数人の子どもたちをまとめる担任にとっては、場面緘黙児はむしろ手のかからない楽な子どもかもしれません。

 

家庭訪問や教育相談などがあれば、場面緘黙児の保護者はその相談をまずすると思います。

担任は、緘黙のことを詳しく話すことはしません。それは、クラス担任が緘黙の専門家でないからという理由だけでなく、それよりも担任は緘黙児のことを普段そんなに気にしていないからです。日々の業務では問題がある場所に気を取られ、解決しなければいけないことを優先的に行うからです。

 

緘黙児は、話さないだけで困ることはなく解決しなければならないこととは思っていません。

この一年を、学習指導要領に沿ってそつなく保護者からのクレームもないよう執り行うことを大事に考えています。

 

だからこそ、

保護者が、支援してもらえる環境を整えるということが大事なのです。

 

f:id:madagus:20190712005223p:image

小学校において緘黙児の支援を得るにはポイントが2つあると思っています。

 

1つは、担任に具体的に対応をお願いをする。

「うちの子話さないので、気にかけてくださるようお願いします。」なんて抽象的な言い方ではいけません。

 

お友達が話さない事を指摘したら、「〇〇〇〇(具体的なセリフ)」と言ってほしい

話さない事で誤解されるような場面では、「〇〇〇〇(具体的なセリフ)」と言ってほしい

何か困った事がある時は、こういう合図をする

参観日の発表のときなどは、必ず誰かと一緒にしてほしい

など、担任の先生も日常で思い出して実行できやすいように具体的にお願いをします。

 

2つ目は、小学校内で緘黙を一番理解してくれる先生にお願いする。つまり、特別支援級の先生です。

ここで大事なのが、支援級の先生なら皆緘黙のことを理解してくれてるだろうと思ってはいけません。

支援級の担任は、特別支援教諭の免許がなくても、特別支援への熱意がなくても、なんなら特別支援の知識がなくてもなれるからです。

 

あくまでうちの場合ですが、うちはスクールカウンセラーを通して支援学級の先生との面談を申し込んで、直接話した結果この先生にお願いしたいという先生がいたので支援学級に通級させようと決めました。

 

今ではその通級先で、普通級の中ではなかなかできないスモールステップで対応してもらったり、息子の得意分野を皆が興味を持って評価してくれてるため、少しずつ自信もついてきてるようです。

 

小学校における緘黙児の具体的な支援については、別の機会にもっと詳しく書こうかと思いますが、

まずは支援は待ってるだけでは受けられないということを知ってほしいです。

 

また、保護者の方で緘黙=ただ話せないだけ

だし、勉強に遅れもないし、それなりに周りに混じってやってるようだし、支援学級なんてうちの子には必要ないと思われる方もいらっしゃるとおもいます。

 

支援学級に行くか、行かないかは

本人が困っているか困っていないか

で判断するべきです。

 

場面緘黙児は、つよい緊張状態が学校にいる間ずっと続いてます。

家に帰るとホッとして、それまでとは正反対のおしゃべりでうるさくてのびのびと楽しそうにするでしょう。

 

でも、本人が学校でとても緊張していて何か困っている事があるなら、

そこは、親の出番です。

親ができることは、子どもにとって良い環境を整えてあげることくらいなんです。

自閉症スペクトラムとのおでかけ ディズニーランド

お出かけ先でパニックになった場合

 

まだ、自閉症スペクトラムなんて思いもしなかった4.5歳ぐらいの頃、

ディズニーランドに行った時のことです。

行く前は息子も楽しみにしていたのですが、

いざ着いてみると機嫌がわるいというか・・

これに乗ろうといって並ぶとグズグズ

どれがいい?と聞いてもグズグズ

 

親としてはせっかく楽しみに来たのに

ずっとグズグズ、イライラしていてこちらも苛立ってきます。

 

その時は気づかずに親も苛立ってしまったのですが、

後で思い返してみると、

息子は軽くパニックになっていたのだと思います。

 

初めての場所

人が縦横無尽に行き交う

いろんな音が流れている

 

そんな状況で、どれがいい?なにする?なんて聞かれても

さらにここがどこか、これから何するかもわからずに

何十分もただただ行列に並ぶなんて

当然息子にとっては意味不明でパニック案件です。

 

今ではこうならないように事前準備ができるようになったのですが、

思い返してみると旅行やママ友とのおでかけなどで

こういう状況は多々ありました。

 

出先でこうなってしまった時に、

またこうなりそうな雲行きになってきたときに行う効果的な方法があります。

 

それは、アイスを食べることです。

 

息子はアイスが好きなことと、

そして冷たい口当たりが気分をリフレッシュさせてくれてうまく立て直しができます。

アイスはだいたいお出かけ先のどこでも売っています。

 

もちろん、アイス食べる云々よりもパニックに陥ってしまって

どうにもならない状態では使えないのですが、

なんかやばそうだな、って時にはアイス休憩を入れたりしています。

 

その後気分が上がってきた息子は、

何種類かの乗り物を楽しみ、

特にバズライトイヤーで点数上げるのにはまってしまい

空いてくる夕方以降に何回も乗りました。

 

丸一日お出かけ時の過ごし方

こんな感じで、ディズニーランドを楽むことができたのですが

それでも疲れやすいのは確かなので

ずっと乗り物ばかりはお勧めしません。

 

なのでディズニーランドに行ったら

船系にのったりして、景色を変えたり気分をリラックスできる時間をつくるのも大事かと思います。

 

我が家の場合は、

だいたい間にイカダやジャングルクルーズを挟んでます。

特に、イカは島に渡るので喧騒からはなれて

また違う時間を過ごすことができます。

 

ディズニーランドではなくても、

アイス休憩、ジュース休憩、

ちょっと一息ゆっくりしようなど

一旦静かにゆっくり過ごせる時間を意識的に挟んであげることで

一日のお出かけを過ごすこができるようになります。

 

事前準備もわすれずに

そもそも一日出かけるときにはあらかじめ伝えておくことが重要です。

お出かけのストレス度によっても違いますが

レジャー施設ならまず、

「本人に行きたいかどうか」聞くことが大切です。

 

行くことが決まったら、

一か月前から話に出して、写真をみせたり

具体的にイメージできるようにします。

 

息子の場合は、本人がディズニーランドの存在を知り行ってみたいといったのがきっかけです。

 

でも、いざ行ってみると

イメージと違ったようでパニックになったようです。

 

ディズニーランドの場合は、写真やイメージと

実際に行った刺激がまた違うのでちょっと上級向けかもしれません。

 

まずはちょっとしたお出かけでパニックにならなる回数を減らすこと。

それは本人の自信にもなるので

大型レジャー施設などはそのあとでもいいかもしれません。