Baobab

Baobab -場面緘黙・自閉症スペクトラムの子育て-

スモールステップの日々のこと

発達障害の学習机 集中スペースを作る

お絵かきが水でにじむ

最近一枚にたくさんの棒人間が登場する絵をかきました。

f:id:madagus:20181127113047j:plain

 

おぉ、ずいぶんたくさん描いたなぁいつのまに描いたんだろう

と感心していると

よく見ると左上にタイトルが・・

「う〇こをさがせ(5つ)」

・・私は4つそれらしきものを見つけました。

 

そんなせっかく描いた息子のお絵かきが

画像でもわかるように水でにじんでしまいました。

夕飯準備中に持ってきたりダイニングの水滴とかで

濡れてしまうことが多かったのです。

 

スペースに役割がないと散らかるし集中できない

思えばいつもお絵かきも工作も、おやつも、宿題も、夕飯も、

ダイニングテーブルでなんでもかんでもやっているので

リビングとダイニングはけっこう、いや相当ぐちゃぐちゃです。

 

毎日きれいにお掃除しても

小学校から帰ってくるとあっという間に散らかります。

(園児の弟もいるのでおもちゃも多い・・)

 

そのせいか、最近宿題もなかなかやらなくなってきて

やっと宿題を始めても気が散ってしまい

お絵かきの紙や作った工作物などもかたずけても増え、

ランドセルも開きっぱなしになってたり

すぐにカオスになってしまいます。

 

これはまずいと思い、

学習机をリビングに置こうと決めました。

 

息子に合う学習机を探す

小学2年、やっと学習机の必要性を感じました。

 

・気が散りやすい息子には、できるだけ目の前にはものを置かないように 

・素材感がよくて組み換えをして成長とともに長く使える

・ライトの色味を変えられる(集中したいとき、リラックスしたいとき)

・宝物をしまえそうな小さな引き出しがある(宝物が増えてきたのも悩みの種でした)

などが決め手でコイズミのレイクウッドのステップアップデスクにしました。

 

まだ全部組み立ててないので完成形はこんな感じです。

 

これは組み換えできるステップアップデスクですが、

組み換えできないベーシックデスクは少し安いです。

 

うちは机とワゴン部分をとりあえずリビングに置き、

シェルフの部分は子供部屋に置く予定です。

 

発達障害,学習デスク,学習机

椅子はまだ届いてないので別の椅子になってますが、

リビングにはデスク、ワゴン、付属のコイズミ照明、特典でついていたデスクマットです。

ちなみにデスクマットはドラえもんなんですが、

息子は裏側にあるひみつ道具一覧がとっても気に入っていて最初から裏側で使ってます。

 

f:id:madagus:20181127121137j:plain

横にしっかりとした造りのランドセルかけがあるので、

これまでリビングに開きっぱなしになって場所をとっていたランドセルも

ここにスッキリかけられそうです。

 

 

 

いまは右下のセパレートスタイルでデスク部分がリビング、

シェルフが子供部屋ですが、

高学年とかになって自分の部屋に行きたいと言い出したら

右上のユニットスタイルにする予定です。

 

目の前は壁。

見たものすぐ気になる息子にはちょうどいいかもです。